マリオカート8DX

【マリカー8DX】マリオカート攻略!基本的な走り方と練習法【初心者のための上達法】

「マリオカート8デラックス」における基本的な走り方と勝ち方について解説します。

初心者~中級者用に、どんなコースでも役に立つ情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはコースを覚える

当たり前ですが、まずはコースを覚えましょう。

完全に暗記する必要はありませんが、無意識でも走れるくらいにはなっておくと良いです。

自分の家から最寄り駅まで何も考えずに歩けますよね、それと同じような感覚です。

そのためには何回も走るしかないですが、ちょっと待ってください。

走るときに、これから説明していくことを意識してもらえるとかなり効率アップなので先にそちらを読んでもらえるとありがたいです。

コインの位置と数を覚える

最初はコインについて知っておきましょう。

コインを取るとスピードがアップする

「マリオカート8デラックス」では、コイン1枚につきスピードが1%アップします。

コインは最大で10枚まで取得することができるので、10%までスピードをアップさせることができます。

この10%の違いはとても大きく、コインの有無が勝ち負けに直結すると言っても過言ではありません。

コインを集める練習をしよう

コインはコースの各所に配置されています。

場所と数はコースによって決まっているので、覚えておくことで効率よくコインを集めることができます。

と言っても、もちろん走りながら集めなければならないのでちゃんと取れるように練習が必要です。

タイムアタックでコインを取りながら走る練習をしましょう。

ちなみに、どのコースから練習すれば良いのか迷った場合は下記の3つのコースから始めてみると良いです。

・マリオカートスタジアム

・ヨッシーバレー

・GBAマリオサーキット

この3コースになります。

とても人気なコースなので他のコースよりもたくさん走ることになります。

まずは、この辺りから始めるのが良いでしょう。

実際のレースでのコイン集め

さて、実はもう1つ気を付けることがあります。

「ライバルの存在」です。

実際にレースをするときは、コインを取ろうとしても、ライバルにコインを取られてしまうことが多々あります。

コインは誰かが取るとなくなり、約3秒後に同じ場所に復活します。

なので、少し前にいる相手にコインを総取りされると、自分は1枚も取れないのです。

しかも、コインは大抵アウトコースにあるので、大回りしたあげくコインも取れないという最悪の展開になってしまいます。

これを回避するために、前にいるライバルがコインを取りに行っていたら以下のどちらかの行動を起こしましょう。

・1回止まってコインが復活するのを待つ

・そこのコインは諦めてインコースを走る

コインを取るために大回りしているのですから、意地でも取りましょう。

もちろん状況にもよりますが「1周目」はこの選択で良いと思います。

特に先ほど紹介した「マリオカートスタジアム」「ヨッシーバレー」「GBAマリオサーキット」ではそうしましょう。

逆にその場所のコインは諦めて他の場所のコインを取りに行くのもありです。

大回りして1枚も取れないよりはマシです。

ただ、そのまま気づいたらコイン0枚で最終ラップなんていうことにはならないように気を付けましょう。

アイテムボックスの位置と種類を覚える

コインと同じように重要なのがアイテムボックスについてです。

取るとランダムなアイテムが手に入るマリオカートの定番システムですね。

アイテムボックスがどこにあるか覚える

「モーモーカントリー」というコースがあるのですが、1周する中で何回アイテムボックスが出てくるか知っているでしょうか?

実は「2回」しかありません。

なんとなく走って、アイテムボックスがあったら取るっていうだけではなかなか覚えられないのではないかなと思います。

2回しかアイテムボックスが出てこないことを知っていれば、それだけ1つ1つの重要さを把握して走ることができます。

知らないと、なんとなく取り逃してそのまま逆転できずに負けてしまうなんていうことになります。

というわけなので「1周の中に何回アイテムボックスが出てくるか」と「どこにあるか」は覚えておきましょう。

ダブルアイテムボックスの有無を覚える

「マリオカート8デラックス」にはダブルアイテムボックスというものがあり、2つのアイテムを同時に入手することができます。

アイテムを2個手に入れられれば、かなり有利になるので可能な限り取れるようにしたいです。

そのためにも「ダブルアイテムボックスの有無」と「どこにあるか」を覚えましょう。

例えば「マリオカートスタジアム」というコースでは最初のアイテムボックスの中にはダブルアイテムボックスがありません。

なので、ここで一発逆転を狙うアイテムを引くのは少し難しくなります。

反対に、最後の場所にはダブルアイテムボックスが2つあります。

このようなところはできればダブルの方を狙っていきたいところです。

しかし、他のライバルも同様に狙っているので気を付けてください。

具体的には以下の3パターンのどれかを選択しましょう。

・誰も取りに行っていないところを見計らって取る

・順番待ちする

・諦めてシングルアイテムボックスを取る

この3つです。

誰も取りに行っていないことが分かれば安全に取れるので、取りに行ってしまいましょう。

誰かが取りに行っているけどどうしても取りたいときは、アイテムボックスが復活するのを待って取るのもありです。

そしてもちろん、アイテムを1つも取れないのが最悪の展開なので、確実にシングルアイテムボックスを取るのもありです。

ときには後ろに下がってアイテムを取ろう

おまけ的なことですが、覚えておいて損はないです。

例えばアイテムボックスを通り過ぎた直後にサンダーを喰らったような場合。

サンダーを喰らうとアイテムを落としてしまうので、次のアイテムボックスまでアイテムなしになってしまいます。

さらにスピードもダウンしているのでかなり痛い状況です。

そんなとき、少しうしろに下がればアイテムボックスがあるので、それを取った方が最終的に早く復帰できる可能性が高いです。

頭の片隅に置いておくと良いと思います。

ダッシュキノコを使う場所を覚える

最後にダッシュキノコを使う場所を覚えましょう。

ショートカットで使う

ただの真っすぐな道で使うよりも、普通は入れないダートコースで使ったほうが速くなります。

いわゆるショートカットです。

「どこで使えば良いのか」についてですが、まずは速いゴーストを見て、それと同じ場所で使いましょう。

とりあえずはその1箇所で確実にショートカットできるようになればOKです。

復帰で使う

もう1つの使い道として「復帰するとき」があります。

赤コウラなどを喰らうと、スピードが0になってしまい、最高速度を取り戻すまでに時間がかかります。

しかし、そこでキノコを使えばすぐに最高速度を取り戻すことができます。

この復帰ができるかどうかは結構重要なので、何も攻撃を防ぐアイテムがないときはキノコを復帰用にとっておくのもありです。

マリオカート練習法まとめ

基本的な走り方と練習法は以上になります。

まずは走るときにコインとアイテムボックスを意識して走りましょう。

そして段々とコースを覚えていく中で、キノコを使ったショートカットなども練習していけば、速く走れるようになるはずです。

覚えることが少し多くなってしまいますが、より勝率を上げるために「ロングキラー」についても覚えておくと良いです。

ロングキラーについては以下の記事で説明しているのでぜひご覧ください。

【マリカー8DX】ロングキラーとは?仕組みとやり方を解説【初心者のための上達法】「マリオカート8デラックス」のアイテム「キラー」について解説します。 そして、その中の「ロングキラー」というものについても説明して...

それでは、以上になります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。